1. 電子印鑑・決裁・署名のシヤチハタクラウド > コラム > 銀行印とは?実印や認印との違いや規定を解説

コラム

銀行印とは?実印や認印との違いや規定を解説

WRITER
石井 慶
シヤチハタ株式会社 システム開発部 開発4課課長
1994年入社。入社5年後電子印鑑を共同開発したアスキー・ネットワーク・テクノロジー社に出向し何も知らなかったITの基礎を学ぶ。現部署に異動後、業務改革を実行する企業に寄り添う毎日を送っている。

普段利用する印鑑には、銀行印・実印・認印など様々な種類がありますが、それぞれの役割をご存知でしょうか。本記事では銀行印とはどのような印鑑なのか、その役割や利用シーン、規定について、実印・認印との違いに触れながらご説明します。また、銀行印を作成する際に注意すべき点についても合わせてご紹介します。

銀行印とは

銀行印とは、金融機関に印影を届け出ている印鑑のことをいいます。個人・法人を問わず、金融機関での口座開設の際に登録することになります。お金を預けている人が本人であるかどうかを証明する役割を担っており、お金の管理には欠かせない印鑑といえます。

銀行印と実印・認印の違い

銀行印として、実印や認印とまったく同じ印鑑で登録している方も中にはいるかもしれませんが、原則として3者は別々の印鑑を登録することが望ましいです。それぞれの印鑑が持つ役割を表にまとめると、次の通りです。

(表)銀行印・実印・認印の違い

呼称 銀行印 実印 認印
届出の要否 必要
※金融機関へ登録
必要
※住民登録をしている役所へ登録
不要
主な役割 金融機関で効力がある証明となる 公的手続きで効力がある証明となる 一般的な事務処理などで、広く日常的に使用する
主な用途 ・口座開設時 など
(詳細後述)
・不動産取引
・ローン契約
・自動車購入 など
・宅配便や郵便物の受け取り確認
・使用頻度の高い社内文書の確認 など

銀行印・実印・認印いずれも本人であることを証明する役割を持ちますが、届出の有無と、盗難や偽造された場合のリスクに違いがあります。

銀行印は金融機関に届け出る必要のある、財産に関する重要な印鑑です。実印は役所へ印鑑登録をする必要のある印鑑で、住宅購入といった不動産取引など重要な局面で使用される印鑑です。認印は届出の必要はなく、広く日常的に使用される印鑑です。銀行印・実印については特に重要度が高く、偽造防止・紛失・盗難に十分注意しなければなりません。

銀行印が必要な場面

次に、銀行印が必要とされる場面についてもう少し詳しくお伝えします。

普段ATMしか利用しない方は、銀行印の存在についてあまり意識したことがないかもしれません。銀行や信用金庫といった金融機関を利用する場合、事前に印影を届け出る必要があるため、銀行印を初めて利用するのは口座開設のときです。開設した口座でお金を預けたり引き出したりするのが本人であることの証明となります。

ATM経由での取引には上限金額が定められており、少額であればATMからお金を下ろすことができますが、高額な取引の場合には金融機関の窓口で手続きする必要があります。このときにも銀行印が必要となります。また口座振替での支払申込においても銀行印の捺印が求められます。

その他、取引支店の変更、住所や氏名の変更など、一度届け出ている内容を変更する際にも、銀行印が必要となります。

なお、最近では銀行印の登録不要なネット銀行なども増えてきました。

銀行印を作るときのポイント

続いて、銀行印を作るときの規定や注意点についてご説明します。

銀行印の規定

銀行印は重要度の高い印鑑のため、シヤチハタと呼ばれる朱肉不要なスタンプやゴム印を利用することはできません。しかし、実はそれ以外に明確な規定はありません。
規定が明確にないとはいえ、偽造されるリスクの低い印鑑を作ることが大切であり、一般的にはオリジナルの印鑑を作成して登録します。作成の際には次にご紹介するようなポイントを押さえましょう。

銀行印のサイズ

銀行印のサイズは、他の印鑑と区別するため、一般的には認印よりも大きめ、実印よりも小さめに作成します。具体的には12.0mm〜15.0mmの範囲に収まるサイズの丸印が良いでしょう。

銀行印の刻印内容

銀行印の刻印内容としては、苗字のみ・名前のみ・フルネームのいずれも可能です。実印はフルネームで登録する場合が多いので、銀行印の傾向としては苗字のみにされる方が多いです。

女性の場合は下の名前で作成する方も多いとされています。結婚または離婚によって苗字が変わることがあり、その度に銀行印を作り直すと手間になるのがその理由です。

銀行印の書体

印鑑に用いられる主な書体としては、可読性の高い方から順に、古印体(こいんたい)・隷書体(れいしょたい)・篆書体(てんしょたい)・吉相体(きっそうたい)などが挙げられます。
銀行印は重要性が高く、偽造による損害の大きい印鑑であるため、読みにくくはなりますが篆書体や吉相体が向いているとされます。

銀行印の登録方法

最後に、銀行印を金融機関へ登録する方法についてご説明します。

前述の通り、金融機関で口座開設をする場合に、銀行印を登録することとなります。まずは作成した銀行印を本人確認書類と共に金融機関へ持参し、金融機関指定の書面に、印面がはっきりと付くように銀行印を捺印しましょう。
捺印が済むと金融機関で印面が正式に登録され、銀行印として使用可能となります。

銀行印は管理が大切!セキュリティには十分注意を

以上ご紹介した通り、銀行印は実印に次いで重要度が高く、安全に管理しなければならない種類の印鑑です。もしも登録している銀行印が紛失や盗難に遭った場合には、速やかに金融機関へ連絡し、登録している銀行印を廃止する手続きを行いましょう。

物理的な印鑑ではなく電子印鑑を用いる場合、紛失や盗難の心配がありません。もちろんセキュリティには十分注意する必要がありますが、会社の角印や丸印であれば、シヤチハタの提供する「Shachihata Cloud(シヤチハタクラウド)」をご利用いただくことで、安全性高く印鑑を管理することができます。社内文書や契約書の承認や回覧業務の効率化が図れる、便利なシステムです。
昨今のリモートワークの普及により、電子印鑑を利用する企業が増えてきました。これを期にまずはトライアルで導入を検討してみてはいかがでしょうか。

▶︎Shachihata Cloudの詳細はこちら

キーワード
電子印鑑
電子決裁
電子署名
Shachihata Cloud
二要素認証
タイムスタンプ
お問い合わせ