製品詳細

Shachihata Cloud

リモートワーク時代のクラウド電子印鑑・電子署名サービス
[電子決裁・グループウェアサービス]

時代と共に進化し続ける
シヤチハタブランドをデジタルでも

電子印鑑・電子署名からDX推進
ビジネスプロセスそのまんまデジタル化
リモートワーク時代のクラウド電子印鑑・電子署名サービス
アンケート提供元:ゼネラルリサーチ(電子印鑑サービス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査期間2021年3月2日〜3日
対象: 20代〜50代の全国の男女ビジネスパーソン1014名)
Shachihata Cloudとは?
Shachihata Cloud(シヤチハタクラウド) は紙で行っていたワークフローを、運用を変えることなくデジタル化できるクラウド型の電子決裁サービスです。
電子印鑑を利用するので使う人を選ばず、稟議書や申請書といった社内文書から、見積書や請求書、注文/請書等の取引先との決裁文書に至るまで対応しており、貴方の「新しい生活様式」へのシフトをお手伝いします。
インターネットとメールアドレスさえあればすぐに使えるShachihata Cloud、是非一度お試しください。
ビジネス
プロセス
そのまんま
Shachihata Cloudは御社の
ビジネスプロセスを
そのまんま電子化します
たとえば電子印鑑対応ワークフローシステムを使えば、「捺印」を介したいつもの進め方で業務を行えます。申請も承認も回覧も送付も、ビジネスプロセスそのまんま(BPS)。ITに苦手意識がある人でも大丈夫。社員それぞれの氏名印・日付印の他に、社印などのオリジナル印面も捺印可能。テキスト入力でコメントもやり取りできます。PDFファイルに押された印影をクリックするとブラウザで捺印履歴を確認することも可能です。
あらゆる企業のDX推進に
1
ビジネスプロセス
そのまんま
BPS(ビジネスプロセスそのまんま)はシヤチハタが推進する、ビジネスプロセスをデジタル化する際のコンセプトです。リモート環境でのテレワークに対応し、今までのビジネスプロセスをそのままデジタルに移行できます。
2
固定額で
利用可能
初期費用は不要です。費用はご利用人数に対して月額110円(税込)のみ。わかりやすい料金体系となっています。ビジネス規模や組織体制によって柔軟にご利用いただけるオプションや、セキュリティを強化したビジネスパックもご用意しております。
3
決裁申請時間が
大幅に削減
3日間かかっていた申請が30分に。導入する際でもマニュアル不要ですぐにご利用いただく事ができます。さらに導入により紙書類が削減され、大幅なコストダウンも見込めます。
ご契約の前に、
Shachihata Cloud をお試しください
30日間限定でShachihata Cloud Business パックと同等機能※をご利用いただけます。
トライアル期間中はヘルプサイトの他、直接お問い合わせも可能です。
お客様のBPSをしっかりサポートいたしますので、安心してお試しください。
※一部有料のオプション機能はご利用不可となります。ご了承ください。
導入に関するご相談
トライアルではなく本契約をご希望のお客様
契約サイトでお申し込み
ライセンス体系
印面利用者ライセンス
社内決裁フローの電子化に必要な機能はすべて入ったパッケージ
110[税込]/利用者/月
Businessパック
基本パックに取引先との文書回覧も含む決裁に必要なセキュリティを強化したオプションをセットでつけたパッケージ

印面利用者ライセンス

+220[税込]/利用者/月
詳しくはShachihata Cloud
機能・価格についてを御覧ください
Shachihata Cloud 機能・価格について
誰でも簡単に、安心・安全に使える
電子印鑑・電子署名サービスを
PUSH通知や二要素認証
安心・安全の機能を
お手元でも。
スマートフォンアプリの機能を使って、決裁を知らせるPUSH通知、パスワードと合わせて顔や指紋でログインできる二要素認証機能を実装しました。お手元でも簡単に決裁承認・申請ができるようになりました。
お手持ちの氏名印、日付印、
会社の角印や丸印で
電子印鑑を作成します。
スマホアプリのプッシュ通知により、素早く承認・申請を行えます。どこにいても決裁が可能です。
電子署名・タイムスタンプで
なりすましや文書改ざんを
防ぎます。
署名を付加した時点での文書の存在を証明し、署名付加以降に文書が改ざんされていないことを証明します。電子署名は、社外に回覧する時、回覧完了時、ダウンロード時に文書に付加されます。
社内だけでなく社外にも
回覧はオンラインで
完結します。
社内の回覧だけでなく、社外への回覧もサポート。高セキュリティを担保した設計で、安心してやり取りできます。いつもの回覧ルートをお気に入りに設定しておけば、呼び出すのも簡単です。

お客様導入事例

コラム

コラム一覧
導入に関するご相談