電⼦印鑑・電⼦署名のShachihata Cloud(シャチハタクラウド)

製品一覧
 
 
Shachihata Cloud をご契約前の
お客様はこちらからお問い合わせください
ご契約前のお問い合わせ
オペレーターに直接ご契約のご相談ができます
導入前のお悩みをお聞かせください!
オンライン相談
Shachihata Cloud の機能や詳細情報を
知りたい方は資料を御覧ください
資料請求
 
 
Shachihata Cloudのトライアルをご利用中の
お客様はこちらからお問い合わせください。
トライアルをご利用中のお客様
Shachihata Cloudサービスをご契約中の
お客様はこちらからお問い合わせください パソコン決裁CloudからShachihata Cloudへの
移行に関する
お問い合わせもこちらからお願いします。
サービスをご契約中のお客様
 
 
これを見ればよく分かる!
トライアルの捺印・回覧手順
30日間無料”
トライアルお申し込みフォーム
導入実績


60



97%
電子印鑑なら 電⼦印鑑・電⼦署名のShachihata Cloud(シャチハタクラウド)
シヤチハタの電子印鑑は
1995年から
紙と変わらない押印プロセスで文書の電子化を進めていただけるよう改良を重ねてきました。
現在は「Shachihata Cloud」として展開しております。
電⼦印鑑・電⼦署名のShachihata Cloud(シャチハタクラウド)
電子印鑑
今使っている印鑑を
そのまま電子印鑑に
01
誰が・いつ捺印したのか一目瞭然
02
認印・日付印は即時作成可能
※書体は限定となります。
03
濃度・角度・日付の変更は自由自在
電⼦印鑑・電⼦署名のShachihata Cloud(シャチハタクラウド)
実現できること
電子印鑑を中心に、電子化に必要なオフィスツールを集約。
業種・業界・規模に関わらず、多くの企業や自治体のニーズにお答えします。
電子契約
ワークフロー
電帳法対応
帳票作成
LGWAN対応
スケジュール
勤怠管理
ビジネス
プロセス
そのまんま
紙での決裁業務を
そのままパソコン・
スマホで
あらゆる文書・フローに対応可能。
今まで紙で行っていた申請・承認の
プロセスをそのままデジタル化できます。
社内決裁から
契約締結まで
ノンストップで
社内決裁から取引先との契約締結までひとつのフローで実現できます。
JIIMA認証取得
電子帳簿保存法対策も
2022年電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しました。
文書の紛失や保管場所の圧迫など文書管理のお悩みをまとめて解決します。
オフィス業務を
「ササッと」効率化
オフィス業務に必要な機能を必要な分だけ自由に選択。
基幹システムとしてもサブシステムとしても、
あらゆる運用にマッチ。
LGWAN-ASPに対応
地方自治体のDX推進をセキュアな環境で。
テレワークや電子契約にもご利用いただけます。
詳しくはこちら
Shachihata Cloudについて詳しく見る
社員全員で使っても安い
詳しい価格はこちら
Shachihata Cloud
よくあるご質問
Shachihata Cloudはどのようなサービスですか?
当サービスは、社内外の文書の回覧・承認、電子印鑑の捺印を行えるクラウドサービスです。
文書回覧の他に、各種帳票の作成や、スケジューラなどのグループウェアの機能も備えております。
詳しくはこちら
手持ちの印鑑を電子印鑑化することは可能ですか?
お手持ちの印鑑の捺印見本をいただき、オーダーで作成が可能です。
印鑑の他に手書きサインなども作成が可能です。
印鑑データ作成費用は頂戴しておりませんが、登録する数により料金がかかります。
Shachihata Cloudはどんな企業に使われていますか?
中小企業から大企業まで使われています。利用しやすいリーズナブルな料金体系、運用に合わせて選べるオプションを多数用意しておりますので、企業の細かい課題解決にも役立ちます。
導入事例はこちら
サービスの導入にどれくらいの期間がかかりますか?
お申込み後、即日でご利用のアカウントが発行されるため、即日でご利用が可能です。
また、当サービスは紙と同じ捺印による決裁方法なので、運用を変更しなくても電子化できるので導入は簡単です。
料金体系はどうなっていますか?
ご利用になられる数の印鑑ライセンス数の購入が必要となります。
料金は1印鑑月額110円(税込)とリーズナブルにご利用が可能です。
その他運用に合わせて、オプションにて必要な機能を追加で購入が可能です。
料金体系についての詳細はこちら
印鑑の不正利用や改ざんが心配です。
セキュリティはどうなっていますか?
本サービスでは「改ざんや複製による不正利用に関するセキュリティ確保」として次の対策を講じております。
●本人性の担保
インターネットにおける不安要素のひとつである「本人性の担保」については、「二要素認証」(※)が有効です。ログイン時のユーザ認証として通常使用する「ID/Password認証」に加え、「パスコード認証」または「QRコード認証」のどちらかを選択することで複合的に本人認証を実行することができ、本人性の担保を向上させることができます。その他、「IPアドレス制限(※)」や「SAML認証(有償)」(※)のオプションも用意しています。
※有償オプションとなります。詳しくはこちら

●原本性の確保
さらに「原本性の確保」については、「クラウド署名」方式による公開鍵暗号方式(PKI)と有償オプションの選択によるタイムスタンプの付与もできますので、書類の存在証明と署名後の変更確認処理を行いながら書類の承認を実施できます。

●見読性の確保
「見読性の確保」について、承認後の文書ファイルは必要に応じ(署名済み)PDFファイルでの保存や、紙に出力することができます。それにより明瞭かつ整然とした形で閲覧することができます。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です
Shachihata Cloudで捺印・承認した文書は法的に有効ですか?
電子署名法・電帳法・取締役会議事録の承認等では利用可能です。
サポート体制はどうなっていますか?
お問い合わせフォームからのお問い合わせのみ受け付けております。お問い合わせはこちら
もっとみる
コラム
すべて見る
無料セミナー 開催中