Shachihata Cloud DXコラム ワークフローの作り方とは?作成手順とクラウドによる便利な作成方法について解説!
DX COLUMN

ワークフローの作り方とは?作成手順とクラウドによる便利な作成方法について解説!

業務プロセス
ワークフロー
WRITER
石井 慶
シヤチハタ株式会社 デジタル認証事業部 部長
1994年入社。入社5年後電子印鑑を共同開発したアスキー・ネットワーク・テクノロジー社に出向し何も知らなかったITの基礎を学ぶ。現部署に異動後、業務改革を実行する企業に寄り添う毎日を送っている。

現代のビジネス環境では、絶えず変化し拡大する市場のニーズに迅速に対応するため、効率的な業務プロセスの構築が不可欠です。しかし、多くの企業は非効率な業務フローや情報の遅延、手作業に起因するエラーなどに苦しんでいます。これらの課題は企業の成長を阻害し、競争力の低下を招くこともあります。このような問題に対処するため、ワークフローの最適化は業務改善の鍵となります。本記事では、ワークフローの基本的な概念から、効果的なワークフローの作成手順、さらにはクラウドベースのワークフローシステムを利用した作成方法までをわかりやすく解説します。

ワークフローとは

ワークフローの概要

ワークフローとは、業務プロセスを効率的に管理し、自動化するための手順やルールを体系的に定めたものです。具体的には、業務の各ステップがどのように進行し、どの部門がどのタイミングでどのような作業を行うかという流れを明確にします。ワークフローにより、業務の透明性が向上し、各ステップの進捗を容易に追跡できるようになります。

ワークフローのメリット

 ワークフローを導入するメリットは下記の通りです。

業務効率化

業務プロセスの自動化により、ルーチン作業の反復から解放され、業務効率が向上します。また、プロセスがデジタル化されることで、手作業によるエラーのリスクが大幅に減少し、各ステップが迅速に進行するため、全体のプロジェクト期間も短縮されます。例えば、書類の承認プロセスがオンラインで完結するため、物理的な書類の移動が不要となり、作業の即時性が保証されます。

業務プロセスの標準化

ワークフローを整備することで、業務プロセスの標準化が進み、新しいスタッフの教育期間の短縮や、業務の品質などを一定に保つことが容易になります。標準化されたプロセスは、誰が実行しても同じ結果が得られるため、業務の品質が安定します。

組織全体のコミュニケーションの改善

 ワークフローは組織全体のコミュニケーションを改善する効果もあります。業務フローが明確であることで、各部門間の誤解が減少し、よりスムーズな情報の共有が実現します。これにより、チーム間での連携が強化され、全体としての組織効率の向上が期待できます。

ワークフローの作り方

ワークフローを効果的に作成するためには、適切な計画と段階的な手順に従うことが重要です。一般的に、ワークフローを作成する手順は下記の通りです。

対象業務の選定

 ワークフローを作成する最初のステップは、対象となる業務プロセスを特定することです。この段階では、組織内のどの業務に効率化の余地があるかを検討します。例えば、時間がかかり過ぎているプロセス、ミスやエラーが発生しやすいプロセス、または頻繁に繰り返されるプロセスが候補となります。具体的な業務を選定した後、その業務の目的と目標を明確に定義し、改善したい具体的なポイントを洗い出します。

業務プロセスのフローチャートの図式化

選定した業務プロセスを視覚的に表現するために、フローチャートを作成します。フローチャートは、業務の各ステップ、それらの順序、およびステップ間の関連性を示すのに役立ちます。この図式化は、プロセス内の非効率やボトルネックを特定するのに有効です。フローチャートを描くことで、どの業務ステップが自動化可能か、どこに人の介入が必要かが明らかになります。

申請・承認ロールの割り当て

業務プロセスの各ステップに必要な承認や申請のフローを設計します。各ステップにおける責任者、承認者の決定、および必要な申請書類の指定が必要です。このステップで重要なのは、各アクションに対する責任を明確にし、承認プロセスを明確化することです。

ワークフローを作成する手段の選定と導入

プロセスが図式化され、役割が割り当てられた後、ワークフローの実現手段の選定と導入を行います。ここで選ばれるシステムは、Excel等の簡素なものから、業務プロセスの自動化、効率化、そして監視を容易に行うことのできるワークフローシステムまでさまざまな選択肢があります。市場には多様なワークフローシステムが存在しますが、インターフェースがユーザーフレンドリーであること、拡張性があることなども重要な選定基準です。事前に詳細な機能比較と評価を行うことが望ましいと言えます。

ワークフローを作成する手段・ツール

ワークフローの作成にはいくつか手段がありますが、一般的によく利用されるのはExcelや専用のワークフローシステムです。それぞれのツールが持つメリットとデメリットを理解し、組織のニーズに最適な選択を行うことが重要です。

Excelによるワークフローの作成

Excelは、その柔軟性とカスタマイズが容易なことで多くの企業で基本的・簡素なワークフローの作成に使用されています。メリットとしては、多くのユーザーが操作方法を既に熟知していること、追加のコストなしで利用できることが挙げられます。しかし、デメリットとしては、複雑なワークフローには向かず、エラーの発生やデータの不整合が起こりやすいこと、スケーラビリティが限られていることが問題となります。また、多数のユーザーが同時に作業する場合の管理が困難ということも挙げられます。

ワークフローシステムによるワークフローの作成

ワークフローシステムとは、業務プロセスを自動化し、効率化するために設計された専用のソフトウェアです。ワークフローシステムは、業務の進行状況を管理し、各ステップの連携をスムーズにすることを目的としています。専用のワークフローシステムを使用することで、ワークフローの自動化と効率化を実現できます。メリットは、業務プロセスの可視化、自動化、およびフローの統合が容易になることです。これにより、手作業によるエラーを削減し、全体の業務効率を向上させることが可能です。また、リアルタイムでの進捗追跡や報告が容易になるため、意思決定のスピードと精度が向上します。デメリットとしては、初期設定に時間がかかることや、システムの導入に初期コストが必要であることが考えられますが、長期的な運用を見越した場合のROIを踏まえて検討することが重要です。

ワークフローシステムがおすすめな理由

ワークフローシステムは、その特性から、比較的大規模な組織や複雑な業務を持つ企業においてメリットがあります。セキュリティ面では、データの暗号化やアクセス権限の管理が徹底されており、情報漏洩のリスクを大幅に減少させることができます。また、クラウドベースのワークフローシステムでは、場所を問わずアクセスが可能で、在宅勤務やリモートワークが普及する現在のビジネス環境にも適しています。

ワークフローシステムの選定はShachihata Cloudがおすすめ!

本記事で解説したように、ワークフローを作成する際は、その使用目的や組織の規模、業務の複雑さを考慮して最適なツールを選定することが大事です。専用のワークフローシステムの導入は、高度な機能とセキュリティにより、業務プロセスの質を大幅に向上させる一方で、長期的なビジネス価値を提供してくれます。

ワークフローシステムの導入にあたっては、「Shachihata Cloud(シヤチハタクラウド)」は有力な選択肢のひとつとしておすすめできます。クラウドベースのワークフロー機能を提供しており、その柔軟性や使いやすいインターフェース、そして場所を選ばずに迅速な申請・承認が可能なため、業務プロセスの効率化やテレワークを容易に実現することができます。また、電子契約、経費申請などバックオフィス業務に関するさまざまな機能も提供しています。無料トライアルも実施中なので、ぜひこの機会にお試しください。

▶︎Shachihata Cloudの詳細はこちら

カテゴリ
インボイス
その他
バックオフィス基礎知識
印鑑の基礎知識
業務改善・DX
法律・制度の解説
電子印鑑・決裁・署名
電子契約
キーワード
業務プロセス
経費精算
IT導入補助金
生産性向上
デジタルトランスフォーメーション
クラウド契約
ファイル転送サービス
経理DX
適格請求書
請求書
JIIMA認証
脱PPAP
保存要件
ファイル共有サービス
クラウドストレージ
PPAP
業種別
制度
法律
法律制度
自治体
補助金
ビジネスチャット
勤怠管理
中小企業
経費申請
個人事業主
見積書
Business
DX
excel
IT
pdf
Shachihata Cloud
word
インボイス
インタビュー記事
コスト削減
コロナ
シヤチハタ
セキュリティ
シヤチハタクラウド
タイムスタンプ
デジタルハンコ
デメリット
テレワーク
パソコン決済
ハンコ問題
ハンコ文化
ペーパーレス
メリット
ルール
ワークフロー
保存期間
効率化
印鑑
在宅勤務
業務効率化
契約書
押印
業務改善
法律・制度
法的効力
締結
脱ハンコ
電子化
電子印鑑
電子契約
電子帳簿保存法
電子決済
電子決裁
電子署名
お問い合わせ 資料請求