Shachihata Cloud DXコラム 営業管理アプリは無料で利用できる?無料版と有料版の違いとメリット・デメリットを解説!
DX COLUMN

営業管理アプリは無料で利用できる?無料版と有料版の違いとメリット・デメリットを解説!

売上管理
営業管理
予実管理
営業支援

 営業活動を効率化するためのツールとして、営業管理アプリの導入が注目されています。営業管理アプリは、営業チームの活動を一元管理し、業績向上を支援する強力なツールで、無料で使えるものから有料で使えるものまで幅広くあります。

無料で利用できるアプリと有料のアプリにはどのような違いがあるのでしょうか。本記事では、営業管理アプリの概要と目的、主要機能、無料アプリの利用方法、有料版との違いについて詳しく解説します。

なお、Shachihata Cloudでは、エクセルよりも簡単に営業管理ができる「営業管理システムSV」を提供しています。

無料で資料ダウンロードできますので、ぜひ効率的かつ戦略的な売上管理にお役立てください。

営業管理アプリとは

 まず、営業管理アプリとはどのようなものか、その概要と目的、主な機能について解説します。

営業管理アプリの概要と目的

営業管理アプリは、営業チームの活動を効果的に管理し、売上目標の達成を支援するためのツールです。これらのアプリは、売上データの管理、案件情報および顧客情報の一元管理、営業活動の記録と共有など、多岐にわたる機能を提供します。営業管理アプリの目的は、営業活動の効率化と効果的な戦略策定を支援し、最終的には企業の業績向上を実現することです。

営業管理アプリの主要機能

 営業管理アプリは、多くの便利な機能を提供しています。以下に、主要な機能を紹介します。

売上管理

 売上目標の設定と実績の追跡を行います。リアルタイムで売上データを確認できるため、営業戦略の見直しや迅速な対応が可能です。

案件・顧客情報管理

営業案件の商談日、商材、取引相手、受注/失注状況や、顧客の連絡先情報、商談履歴、購買履歴など、営業に関するデータを一元的に管理します。案件ごとに必要な情報に迅速かつ容易にアクセスできます。

営業活動・日報管理

 営業担当者の日々の活動(訪問、商談、メールなど)を記録し、チームへ共有する機能です。責任者へ共有し、適切なフィードバックを得ることでパフォーマンス向上を図ります。

営業管理アプリを無料で利用するには

 営業管理を効果的に行うにはツールの利用が不可欠ですが、手始めに無料で利用したいという企業も多いと思います。ここでは、営業管理アプリを無料で利用する方法を紹介します。

無料の営業管理アプリを利用する

 無料で利用できる営業管理アプリもいくつか存在します。以下に、代表的な無料アプリを紹介します。

HubSpot CRM

 米国のHubSpot社が開発した営業管理アプリです。顧客情報の管理、営業活動の記録、レポート作成など、多岐にわたる機能を提供します。見やすいダッシュボード上で、営業パイプライン全体をリアルタイムで確認できます。

Zoho CRM

 Zoho Corporationが提供するクラウド型の営業管理アプリです。無料版では、基本的な顧客管理機能と営業活動の追跡機能を利用できます。分析ツールが充実しており、自由自在にレポートやダッシュボードを作成し、現在の状況をリアルタイムで把握することができます。

Bitrix24

 米国のBitrix社が開発した、世界中で利用されている営業管理アプリです。無料版では、顧客管理、タスク管理、多くのチームコラボレーションツールを利用できます。営業チームの活動を一元管理するのに適しています。

エクセルを利用する

営業管理を無料で行う方法として、マイクロソフト エクセルを活用することも有効です。エクセルは、多くの企業で広く利用されており、カスタマイズ性が高いため、営業管理に必要な情報を柔軟に管理できます。便利な機能が揃っており、データ集計やグラフ化が簡単で、マクロを活用することで手作業を自動化することも可能です。

有料の営業管理アプリとの違い

無料の営業管理アプリでも、一見すると十分な機能が備わっているように見えますが、有料と無料の違いはどのようなものでしょうか。ここでは、無料の営業管理アプリのデメリットと、有料アプリのメリットについて解説します。

無料の営業管理アプリのデメリット

無料の営業管理アプリには、以下のようなデメリットがあることに留意が必要です。

機能が限定的

無料版では、利用できる機能が限られている場合が多いです。例えば、高度なデータ分析やカスタマイズ機能が利用できないことがあります。

広告の表示

一部の無料アプリでは、広告が表示されることがあります。画面が見づらくなり、ユーザーの作業を妨げる原因となることがあります。

セキュリティが弱い

無料版では、セキュリティ対策が十分でない場合があります。重要な顧客情報や営業データの保護が不十分であると、情報漏洩のリスクが高まります。

サポートが充実していない

無料版では、カスタマーサポートが不十分だったり、場合によっては提供されないことがあります。問題が発生した際に迅速な対応ができないため、業務に支障をきたす可能性があります。

有料の営業管理システムのメリット

有料の営業管理アプリは、無料版のデメリットを解決し、多くのメリットを提供します。

豊富な機能

有料版のアプリは、豊富な機能が利用できます。高度なデータ分析、カスタマイズ機能、API連携など、業務の効率化を図るための多彩な機能が提供されます。例えば、データ分析機能を活用することで、売上トレンドや顧客行動のパターンを詳細に把握でき、より精度の高い営業戦略の立案が可能になります。また、API連携により、他のビジネスツールとシームレスに統合し、データの一元管理を実現します。これにより、業務効率が飛躍的に向上し、データの整合性を保つことができます。

強固なセキュリティ

有料版では、強固なセキュリティ対策が施されています。データの暗号化やアクセス制御など、重要な情報を安全に保護する機能が提供されます。セキュリティが強化されていることで、安心して業務を進めることができ、企業全体の信頼性も向上します。

充実したサポート

有料版では、専任のカスタマーサポートが提供されます。問題が発生した際に迅速に対応してもらえるため、業務の中断を最小限に抑えることができます。また、定期的にアップデートが提供され、常に最新の機能やセキュリティパッチを利用できます。これにより、システムが常に最適な状態で運用され、最新のビジネストレンドや技術進化に対応できます。

クラウドの営業支援ツールはShachihata Cloudがおすすめ!

本記事では、無料で利用できる営業管理アプリと有料の営業管理アプリの違いについて詳しく解説しました。無料版は初期コストがかからない一方で、機能の制限やセキュリティの弱さといったデメリットがあります。一方、有料版は豊富な機能と強固なセキュリティ、充実したサポートを提供し、営業活動の効率化と成果向上に大きく貢献します。

Shachihata Cloud(シヤチハタクラウド)が提供する「営業管理システムSV(Smartec Vision)」は、営業管理の効率化を実現するためのクラウドベースの営業管理アプリです。インターネット接続さえあればどこからでもアクセス可能で、営業チーム全体でのコラボレーションを促進します。クラウドのメリットであるスモールスタートも可能で、ビジネスの成長に合わせて柔軟にスケールアップすることができます。月額利用料は1人あたり660円(年間)と、長期的なコスト削減も期待できます。ぜひこの機会に導入をご検討ください。

記事を読む

WRITER
田中 空樹
デジタル認証事業部コンテンツストラテジスト
2022年シヤチハタ株式会社入社。 入社1年目でShachihata Cloudの製品サイトリニューアルに携わる。 現在もコンテンツマーケティングなどShachihata Cloudの良さを広めるために奮闘中。
お問い合わせ 資料請求