1. 電子印鑑・決裁・署名のシヤチハタクラウド > 電子印鑑・電子決裁 ソリューション > 稟議書や締結書類の管理が大変。 探す手間を減らし、保管スペースの問題も解決したい。

電子印鑑・電子決裁 ソリューション

稟議書や締結書類の管理が大変。
探す手間を減らし、
保管スペースの問題も解決したい。
IT化が進むビジネスシーンですが、いまだに稟議書や締結書類などの文書はアナログ(紙の書類)で運用・管理している企業は多いのではないかと思います。日々溜まっていく稟議書や締結書類……これらの保管・管理にお悩みではありませんか?
 
大量の紙文書の保管にスペースを取られる――
必要な書類を探すのに一苦労する――
重要書類の廃棄に手間と時間がかかる――
 
紙面での書類管理にはこのような課題がつきものです。
書類管理に伴う工数・人件費のお悩みを解決するには、『パソコン決裁Cloud』と『Box』を組み合わせた導入がおすすめです。パソコン決裁CloudとBoxを導入すれば、オンラインで電子データに電子印鑑が押せて、容量無制限で文書を保管できます。また、探したい文書を簡単に見つけることができます。
おすすめの製品
1印鑑あたり月額100円、
クラウド電子決裁サービスの決定版
捺印・回覧ができるクラウド電子決裁
おすすめの製品
パソコン決裁Cloudと組み合わせて、
文書管理をスムーズに
クラウドコンテンツマネジメントサービス
課題
1

大量の紙文書を保管するためのスペースが必要

紙面化された稟議書や締結書類は、一定期間大切に保管しておく必要があります。
そのため、書類の保管スペースを設けなければなりません。大企業ともなれば、大量の文書を保管するのに
かなりの広いスペースが必要でしょう。
課題
2

必要な書類を探すのに時間がかかる

紙の書類の場合、保管室に足を運んで該当書類を探さなければなりません。
保管状況によっては、ひとつの文書を探すだけでも多くの時間を取られることもあるでしょう。
課題
3

書類の廃棄にもコストがかかる

一定期間保管した後に不要になった稟議書や締結書類の廃棄処分は、タダではありません。
こういった書類には機密事項や個人情報など慎重な取り扱いが必要な内容が含まれているので、
そのままゴミ箱に捨てるわけにはいきません。
シュレッダーにかける・重要書類処分を請け負う専門業者に回収してもらうなど、適切な工程を踏んでの廃棄が必要。
そのためのコストも軽視はできません。
その課題、
シヤチハタにお任せください!
申請などの承認フローを
すべて電子決裁にしませんか?
このような書類の管理・保管に関する課題は、『パソコン決裁Cloud』と『Box』の組み合わせが解決します。
パソコン決裁Cloudは、稟議申請書や届出書・見積書・請求書・注文書などあらゆる書類に
電子印鑑で捺印できるクラウドサービス。
作成した書類を紙に印刷することなく、そのままオンラインで捺印後、回覧・決裁ができます。
紙面として書類を保管する必要がなくなるので、書類の分類やファイリング・整理・廃棄といった
物理的な管理業務が必要なくなります。
捺印・回覧ができるクラウド電子決裁
1印鑑あたり月額100円、
クラウド電子決裁サービスの決定版
製品詳細
クラウドコンテンツマネジメントサービス
パソコン決裁Cloudと組み合わせて
文書管理をスムーズに
製品詳細
電子データとして一元管理されるので、
探している書類がすぐに見つかる
『パソコン決裁Cloud』は、電子データとして書類を保存・一元管理します。そのため、探したい書類を探すのも簡単!件名や差出人・状態(回覧中etc)・送信日などからも探すことができます。
物理的な保管場所の問題から
即! 解放される
紙文書の保管にはスペースが必要ですが、電子書類に物理的なスペースは必要ありません。『パソコン決裁Cloud』と『Box』の組み合わせを使用してファイルをデータで保管しておけば、いつでもアクセス可能です。