Excelで、結合セルのみを部分保護しようとするとエラーが発生する | 電子印鑑システム パソコン決裁サイト

サポート

  1. Home
  2. サポート
  3. よくあるご質問
  4. サポート詳細

よくあるご質問

Excelで、結合セルのみを部分保護しようとするとエラーが発生する

この文書では、Microsoft Excelで結合されたセル範囲のみを部分保護しようとするとエラーが発生する現象について説明しています。

  • サポート情報番号: SB1002290
  • 作成日: 2010.11.09
  • 最終更新日: 2011.02.10
関連製品

回答

現象
Microsoft Excelで、結合されたひとつのセル範囲のみを部分保護しようとすると、「選択範囲が無効です」エラーが発生し、保護できません。
なお、この現象はオートプロテクトエクセル捺印ツールのバージョン6.02.01、6.02.02、6.06.00、6.06.01で発生します。
回避方法
部分保護の範囲を指定する[入力]画面で、保護したい範囲を手入力することで回避できます。
[入力]画面では、結合されたひとつのセル範囲を選択した場合、テキストボックスに選択範囲内の左上端にあるセルのアドレスのみが表示されます。これを、保護したい範囲のアドレスに変更してください。
(例) 保護したい結合セル範囲が"A1:B3"の場合、テキストボックスには"$A$1"と表示されるので、これを"$A$1:$B$3"に変更してください。
解決方法
この不具合を修正した捺印ツールを公開しております。
サポートサイトまたはカスタマーサイトより最新の捺印ツールをダウンロードしてインストールしてください。。

サポートサイトからダウンロードできる捺印ツールでインストールされるオートプロテクトエクセル捺印ツール(Excelアドインタイプのツール)では、バージョン6.02.03でこの不具合が修正されています。
カスタマーサイトからダウンロードできる捺印ツールでインストールされるオートプロテクトエクセル捺印ツール(COMアドインタイプのツール)では、バージョン6.06.02でこの不具合が修正されています。

パソコン決裁 サポートおよびダウンロードに表示および含まれている情報は、いかなる保証もない現状で提供されるものです。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、特定の目的への適合性を含めて、これらの情報について一切の保証をいたしません。 さらに、シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、本情報を利用した使用結果などについても、いかなる表明・保証も行ないません。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は書面による一切の情報提供またはアドバイスなどは、保証を意味するものではなく、かつ免責条項の範囲を狭めるものではありません。 シヤチハタ株式会社とその関連会社 およびこれらの者の供給者は、どのような状況下においてもその結果的損害などの全ての損害に対して、一切責任を負いません。 なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

HP最終更新日 2017/11/21