パソコン決裁6 ExtensionKitで提供されるモジュールについて | 電子印鑑システム パソコン決裁サイト

サポート

  1. Home
  2. サポート
  3. よくあるご質問
  4. サポート詳細

よくあるご質問

パソコン決裁6 ExtensionKitで提供されるモジュールについて

この文章には、パソコン決裁6 ExtensionKitで提供されるモジュールと利用可能な開発環境について説明されています。

  • サポート情報番号: SB0902178
  • 作成日: 2009.08.11
  • 最終更新日: 2009.08.12
関連製品

回答

内容
パソコン決裁6 ExtensionKitでは、以下のモジュールが提供されます。

捺印ツール Extension OLEオートメーションを利用してクリップボードに電子印鑑オブジェクトを転送するモジュール
電子印鑑 Extension パソコン決裁で取り扱われるグループ、ユーザ、電子印鑑に関する情報を設定・取得するCOMモジュール
電子印鑑 XML Extension パソコン決裁で取り扱われるグループ、ユーザに関する情報をXML形式で取得するCOMモジュール
電子印鑑 コントロール 電子印鑑 Extensionから出力された専用形式ファイル内の印鑑イメージやプロパティ情報を表示するActiveXコントロール

ほとんどのモジュールはCOMコンポーネントとして提供されますので、COMオブジェクトが作成できる開発環境であれば、開発を行っていただくことができます。
捺印ツール Extensionモジュールを利用したコード例(VBScriptの例)


'----------------------------------------------------------------
'ユーザ名とパスワードを引数としてログインするサンプル
'----------------------------------------------------------------

Dim objDstmp32

'捺印ツール Extension オブジェクト作成

Set objDstmp32 = CreateObject("Dstmp.StampObject.6")

'参照する捺印用印鑑データファイルの指定

objDstmp32.DefaultFilePath = "参照を行う捺印用印鑑データファイルの場所"

'ユーザの取得

if objDstmp32.GetUser("ユーザ名", "パスワード") = True then

  '電子印鑑をOLEオブジェクトとしてクリップボードへコピー

  if objDstmp32.Copy(True) = True then

    'クリップボードにコピーされた電子印影オブジェクトの処理

  end if

end if

Set objDstmp32 = Nothing


電子印鑑 Extensionモジュールを利用したコード例(VBScriptの例)


'----------------------------------------------------------------
'PNG形式で印鑑データのイメージを出力するサンプル
'----------------------------------------------------------------

Dim objDstmpLib

'電子印鑑 Extension オブジェクト作成

Set objDstmpLib = CreateObject("DstmpLib.Extension")

'参照する捺印用印鑑データファイルの指定

objDstmpLib.DsmFile = "参照を行う捺印用印鑑データファイルの場所"

'ユーザの取得

if objDstmpLib.Login("ユーザ名", "パスワード") = 1 then

  '画像ファイルの出力

  if objDstmpLib.SavePng("保存するファイルの場所") = 1 then

    'PNG形式での出力成功

  end if

end if

Set objDstmpLib = Nothing




'----------------------------------------------------------------
'捺印用印鑑データファイルに追加されているユーザの一覧を出力するサンプル
'----------------------------------------------------------------

Dim objDstmpLib

'電子印鑑 Extension オブジェクト作成

Set objDstmpLib = CreateObject("DstmpLib.StmpDat")

'参照する捺印用印鑑データファイルを開く

if objDstmpLib.SF_DsmOpen("参照を行う捺印用印鑑データファイルの場所", "開くパスワード") == 1 then

  do while objDstmpLib.SF_IsEOF() = False

    'ユーザ名を取得

    msgbox objDstmpLib.SF_GetCurrentUserName()

    '次のユーザへ移動

    objDstmpLib.SF_MoveNext(0)

  loop

  '捺印用印鑑データファイルを閉じる

  objDstmpLib.SF_DsmClose()

end if

Set objDstmpLib = Nothing



パソコン決裁 サポートおよびダウンロードに表示および含まれている情報は、いかなる保証もない現状で提供されるものです。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、特定の目的への適合性を含めて、これらの情報について一切の保証をいたしません。 さらに、シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、本情報を利用した使用結果などについても、いかなる表明・保証も行ないません。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は書面による一切の情報提供またはアドバイスなどは、保証を意味するものではなく、かつ免責条項の範囲を狭めるものではありません。 シヤチハタ株式会社とその関連会社 およびこれらの者の供給者は、どのような状況下においてもその結果的損害などの全ての損害に対して、一切責任を負いません。 なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

HP最終更新日 2017/11/21