サポート

  1. Home
  2. サポート
  3. よくあるご質問
  4. サポート詳細

よくあるご質問

DocGearのセッションタイムアウト時間の設定方法

WindowsServer 2003 上で動作するDocGearのセッションタイムアウトの設定について説明します。

  • サポート情報番号: SB0802100
  • 作成日: 2008.12.16
  • 最終更新日: 2011.05.17
関連製品

回答

内容
Windows Server 2003上でDocGearのセッションタイムアウトの規定値は20分で設定されています。
IISの設定を変更することにより、最大60分までの範囲でセッションタイムアウトの時間を変更することが出来ます。
操作手順
1.IIS側の設定を変更します。まず、Windowsタスクバー[スタート]-[すべてのプログラム]-[管理ツール]-[インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ]を選び、マネージャを起動します。
2.ウィンドウ内の左側の表示内容より、[Webサイト]-[既定のWebサイト]-[docgear_wkf]を選びます。
3.仮想ディレクトリ[docgear_wkf]を右クリックします。ポップアップメニューより、[プロパティ]コマンドを選びます。
4.仮想ディレクトリ[docgear_wkf]のプロパティダイアログボックスが表示されます。
5.画面右下にある[構成]ボタンを選びます。
6.[アプリケーションの構成]ダイアログボックスの[オプション]タブを選びます。そして、[セッションのタイムアウト]の時間設定値を変更にします。設定後、[OK]ボタンを選択して閉じます。
7.仮想ディレクトリ[docgear_wkf]ダイアログボックスも[OK]ボタンを選択して閉じます。
8.ウィンドウ内の左側の表示内容より、[アプリケーションプール]-[DefaultAppPool]を選びます。
9.[DefaultAppPool]を右クリックします。ポップアップメニューより、[プロパティ]コマンドを選びます。
10.[DefaultAppPool]のプロパティダイアログボックスが表示されます。
11.[パフォーマンス]タブを選択します。そして、[アイドルなワーカープロセスの解決までの待ち時間]の時間設定値を、手順6で設定した同じ値を設定します。設定後、[OK]ボタンを選択して閉じます。
12.[DefaultAppPool]のプロパティダイアログボックスも[OK]ボタンを選択して閉じます。
13.インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャも終了します。

パソコン決裁 サポートおよびダウンロードに表示および含まれている情報は、いかなる保証もない現状で提供されるものです。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、特定の目的への適合性を含めて、これらの情報について一切の保証をいたしません。 さらに、シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、本情報を利用した使用結果などについても、いかなる表明・保証も行ないません。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は書面による一切の情報提供またはアドバイスなどは、保証を意味するものではなく、かつ免責条項の範囲を狭めるものではありません。 シヤチハタ株式会社とその関連会社 およびこれらの者の供給者は、どのような状況下においてもその結果的損害などの全ての損害に対して、一切責任を負いません。 なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

HP最終更新日 2019/07/16