サポート

  1. Home
  2. サポート
  3. よくあるご質問
  4. サポート詳細

よくあるご質問

バージョンの異なるMicrosoft Wordで捺印された文書ファイルを開いた場合に捺印場所が異なる

この文書は、電子印鑑が捺印されたワード文書をバージョンの異なるMicrosoft Wordで開いた場合に、捺印されている場所が異なって表示される現象について説明されています。

  • サポート情報番号: SB0800188
  • 作成日: 2008.05.26
  • 最終更新日: 2013.02.20
関連製品

回答

内容
Microsoft Word上で捺印された文書を異なるバージョンのMicrosoft Wordで開いた場合、すでに捺印された印影の位置が異なって表示される場合があります。この現象はMicrosoft Word の互換性の問題であり、印影だけでなく他のオブジェクトに対しても同様に発生します。
回避方法
異なるバージョンのMicrosoft Wordで互換性を保持して捺印することはできませんが、文書内に表を挿入されている場合で、表内もしくは表の近くに捺印を必要とする場合に、Microsoft Wordの表機能を使わず図形描画の機能を使って罫線を引くことで、バージョンによる捺印位置が異なる現象を緩和することができます。しかし、この手段でもすべての場合において保障されません。
注意事項
上記回避方法を用いた場合でも異なるバージョンのMicrosoft Word間での互換性が完全に保たれる保証はなく、上記以外の原因で互換性が保てなくなることも想定されます。 弊社のオートプロテクトツールを使用した際のMicrosoft Word の互換性ついての保証はいたしかねますのであらかじめご了承ください。

パソコン決裁 サポートおよびダウンロードに表示および含まれている情報は、いかなる保証もない現状で提供されるものです。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、特定の目的への適合性を含めて、これらの情報について一切の保証をいたしません。 さらに、シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、本情報を利用した使用結果などについても、いかなる表明・保証も行ないません。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は書面による一切の情報提供またはアドバイスなどは、保証を意味するものではなく、かつ免責条項の範囲を狭めるものではありません。 シヤチハタ株式会社とその関連会社 およびこれらの者の供給者は、どのような状況下においてもその結果的損害などの全ての損害に対して、一切責任を負いません。 なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

HP最終更新日 2019/06/19