電子印鑑とは | 電子印鑑システム パソコン決裁サイト

ソリューション

  1. Home
  2. ソリューション
  3. 電子印鑑とは

電子印鑑とは

電子印鑑とは

「紙の文書」から「電子文書」へ。シヤチハタの「電子印鑑」についてご紹介します。
「e-文書法」の施行により、ますます加速するビジネスの電子化。
「電子印鑑」はこれまでの紙文化をそのまま電子化することでオフィスの承認業務をストレスなく、そしてスピーディーに実現します。

セキュア&個人認証ができる!

改ざんや複製による不正利用が不安で…
捺印後の改ざんも防ぎます!
印鑑データにはシリアル番号が付与されているので、印鑑自体の複製を防ぎます!
さらに使用するときは、認証を経て捺印するので、自分の印鑑が他人に勝手に使われることもありません。
また、ExcelやWordなど、捺印するソフトウェアと連動しているので、捺印後の改ざんも防ぎます。

セキュア&個人認証ができる!
オーダーメイドな電子印鑑

シャチハタでは申込みをいただき、一点一点オーダーメイドで電子印鑑を作成しております
さらに印鑑データにはシリアル番号が付与されているので、同姓でも判断が可能です。

オーダーメイドな電子印鑑
電子印鑑と印鑑の印面が同じ!

紙に押す印鑑と、電子印鑑と印面が同じになります。
シヤチハタ独自の書体を使い、ひとつずつ作成していますので、きれいで鮮明な印鑑をご利用いただけます。 PDFなどで拡大してもきれいにうつります。

電子印鑑ってなに?

日本のビジネス文化の中では、紙の文書に「捺印」することで、何らかの「承認」のしるしとするというのが、古くからの慣習となっています。これはビジネスの電子化が進んでいる今もなお、根強く残っています。電子文書に押印することができれば、書類や保管にかかるコストや作業効率も変わるのではないでしょうか。

「電子印鑑」はこの紙に捺印するという行為を、そのまま電子化したものです。「パソコン上で使える印鑑」とイメージしてください。この電子印鑑を使い、パソコン上で作った書類に画面上で「捺印」すると、紙に出力することなく、従来と同じ「承認」のしるしを残すことができるので す。これまでのビジネススタイルを変えることなく電子化する。それが電子印鑑の最大の特長なのです。

さらに、シヤチハタの電子印鑑は、ただの画像ではなく、オーダーメイドでお客様の発注により1つ1つ作成しています。自分でフォントを並べている画像とは異なり、シヤチハタオリジナルの書体を 使用し、更に重複しない独自のデータで作られています。お客様ご自身はもちろん、他の人が真似をして複製するといったことができない世界に一つだけの印鑑 なのです。

電子印鑑ってなに?
電子印鑑システム パソコン決裁で電子文書に捺印

2005年4月1日から「e-文書法」が施行されました。これまで紙での保存が義務付けられてきた書類や帳票を、電子文書として保存することが認められたのです。このことにより、年間に約3000億円とも言われる、紙での保存にかかるコストを削減することが可能になりました。ビジネスの重要な部分で「紙の文化」から「電子文書の文化」に変わることで、業務フロー全体がデジタル化する方向へと加速しています。

シヤチハタの「電子印鑑システム パソコン決裁」は、電子文書への捺印だけでなく、これからの電子文書に必要なセキュリティ機能にも配慮しています。世界で一つだけの電子印鑑が捺印された文書といっても、受け取った人には、それがただの印影の画像とどこが違うのかわかりません。そこで、捺印された電子印影には、誰がいつ捺印したかという情報を埋め込み、受け取った人が確認することができる機能を用意しています。さらに、捺印と同時に電子署名を付与することができます。もちろん、第三者認証機関より発行された電子証明書も使うことができ、電子署名法対応の電子署名ができます。

電子印鑑システム パソコン決裁で電子文書に捺印
進化する、シヤチハタの「電子印鑑」

電子印鑑使用時に求められる要素「個人認証」。この課題にもシヤチハタは意欲的に取り組んでいます。「インプレット」と呼ばれる固有の識別情報を埋め込んだ印鑑型電子デバイスを使用し電子文書に捺印する方法をご提案しています。今後は、バイオメトリクスやICカードなどの様々な個人認証方法と連携するなど、次世代の電子印鑑をもっと展開していきます。

「電子印鑑システム パソコン決裁」は、捺印具メーカーとしての80年のノウハウと、新しい技術とを組み合わせた「デジタル捺印文化」を提案し、ストレスなく、スピーディーな業務改善をお手伝いします。

進化する、シヤチハタの「電子印鑑」

HP最終更新日 2017/02/13